家族の借金を調べる方法












家族の借金を調べる方法

借金癖のある弟に振り回されながら、経験していく内に

借金を調べる方法を身につけました。

借金のある人は借金総額を隠そうとして嘘を言うので、

身内の元としては何時また大きな借金が発覚するのか不安でたまりません。

どうしても借金の総額を正直に言わない弟に暴力で借金総額を吐かせようと

しましたが、それも無理で痛めつけている途中で逃走されたりしました。

言葉で説得しても無理、暴力でも無理。

弟には何も通じなかった・・・。

そうなると自分で弟の借金総額を調べないといけなくなる。


ネットでいろいろ検索していると債務調査とゆうキーワードで

サラ金の債務調査をしてくれる調査会社があるのがわかり、

最初はその調査会社にお金を数万円支払い、弟の借金を調べてもらった。

何度が調査会社に依頼したけどお金が勿体無い。

金額も高いし、いつも違う値段で吹っ掛けられるし・・・・。




いろいろ調べたりした中で一番いいのが

郵送開示を利用する方法。

郵送開示は借金をしている本人名義で無いと出来ません。しかし・・・・・。


テラネットの郵送開示

テラネットはいわゆるサラ金の借り入れがわかる場所ですが本人の申請じゃないと

サラ金の総額は教えてくれません。

でも下の必要書類を見てください。

郵送開示申し込み要領
・開示請求書
※必須項目をご記入の上、同封の印鑑登録証明書に登録している印鑑を押印して下さい。
・印鑑登録証明書
・本人確認書類のコピー1点
※写真の有無に係わらず1点必要です。
・返送用封筒(郵送料金600円分の切手を貼り付け)

※開示請求書は、全情連加盟情報センターのHPからダウンロードできます


印鑑証明と実印の印鑑、あとは

本人確認の書類( 運転免許証,住民票,戸籍謄本、パスポートのコピーなど)

家族であれば入手できる物ばかりです。

ここまで来ればもう理解してもらえましたよね!



クレジット会社からの借り入れ状況は

CIC CCBと言う機関で調べます。

同じように郵送開示が出来ます。

CICの郵送開示

CCBの郵送開示

必要書類も家族のものであれば揃えれるものです。





                ホーム