食い詰めたパチプロとの台を巡る争い

食い詰めたパチプロと
台を巡る争い
気色の悪い
オッサンの行動
オッサンと台の争奪



家族の借金身内の借金 

数年前まで月に10万ほどの利益を上げていた

私のパチンコ生活。今は波の荒い確率の悪いCR機で

勝つことが出来なくなりましたが、以前は毎月現金機を中心に

良く回る台を確保して利益を上げていました。


良く回る台を探すのも苦労するのですが、

探した後でも苦労はあります。


世の中には少数ですがパチプロとゆう職業の方がいます。

パチンコだけで生活している人々です。

そう言った人達と、パチンコの台を

取り合って揉めることもあるのです。



今から7年ほど前のことです。

平日は仕事のため、夕方からしかパチンコを

することが出来なかったのですが、

土日は朝の開店の10時からずーっと打っていました。

その日の土曜日も前日の金曜に釘の下見をして、

良く回る台をチェツクしていたので、

土曜日の開店の10時から、ブン回りの現金機を

打っていました。

この現金機のブン回りの台は信じられないことに

千円で42回転していました。

現金機で42回転も回ると負ける気がしません。


釘のゲージに少し打ち手に有利な台で

少し注意して打つだけで回転数がけっこう

上がる私の得意の台でした。


出玉は順調に順調に増えていき、3時頃には私の廻りは玉を

いっぱいに入れた箱でいっぱいでした。

CR機より出てるの羨ましそうに見て通る人を横目で

見ながら余裕でパチンコをしていると、

私の横に落ち着きの無い、へんな40代後半のオッサンが

やって来ました。オッサンは私の方をじーっと見てます。




       家族の借金身内の借金ホーム