グレーゾーン金利





利息制限法
出資法と貸出金利
グレーゾーン金利
みなし弁済規定
任意整理
特定調停
過払い金返還請求
小規模個人再生手続き
給与所得者等再生手続き
自己破産



家族の借金身内の借金 









グレーゾーン金利

金利を定めている法律が2つあります。

1つは利息制限法

2つ目は出資法です。


金利の上限 罰則
利息制限法 15%から20%
100万円未満 15%

100万円以上
1000万円以下 18%

1000万円以上 20%
無し
出資法 29.2% 5年以下の懲役
1000万円以下の
罰金



利息制限法の上限金利以上で貸し付けても

処罰する刑罰はありません。

事実上野放しです。


出資法の上限金利を越えると5年以上の懲役

または1000万円以下の罰金になります。


このことを利用して、

サラ金業者は利息制限法以上の金利で

出資法で決められている

上限金利以下でお金を貸し付けています。


この利息制限法以上の金利で出資法以下の金利の部分を

グレーゾーン金利と呼んでいます。

100万円未満の場合の貸付では利息制限法での

上限金利は15%の金利が上限なので15%以上の金利で

出資法の上限29.2%以下の金利の間での

貸付金利がグレーゾーン金利になります。


              ホーム