爺さんの脅し

ガラの悪い爺さんと
台の争奪戦
台を確保する為に
爺さんがいない日に
ダッシュで爺さんの
台を強奪
爺さんの脅し
爺さんが連れてきた
極道



家族の借金身内の借金 

爺さんの悔しそうな表情を見て、その顔が

チンパンジーのように見えて笑ってしまいました。


すると爺さんはパチンコ台の席を立ち上がり、

こちらに向かってきました。

ヨボヨボの爺さんが向かってきても、

迫力も威圧感もありません。


完全に無視してパチンコをしていると、

私の背後に立った爺さんがいきなり

わき腹を刺すような身振りをしながら

ブスッと刺したろか?

小さな声で耳元で囁きました。


完全に舐めてたけど、いきなり

こうゆう事言われると、ビビッた!

ちょっとビビッタけど、ただの脅しや!

腹立つし言い返したれ!


刺すんやったら刺してみろや!

そう言い返すと爺さんは、歩いて立ち去った。


爺さんがいなくなって、ブン回りのパチンコ台で

どんどん玉を増やしていっていました。


すると、またあの爺さんがやって来た。

よう刺しもできんくせに、脅しだけは上手や。


無視してパチンコをしてると、

また背後から脅してきた。


極道つれて来たろーか?


極道?

トラブルは御免だ・・・。やばい事になるのか?


        家族の借金身内の借金ホーム