爺さんがいない日に

ガラの悪い爺さんと
台の争奪戦
台を確保する為に
爺さんがいない日に
ダッシュで爺さんの
台を強奪
爺さんの脅し
爺さんが連れてきた
極道



家族の借金身内の借金 


ある日、会社の帰りにパチンコ屋へ寄ると、、

いつもの爺さんが居ない。爺さんの台は今日は空いていました。

爺さん風邪でも引いて寝てるのかな?

そんな事を考えながら席に着きました。


とうとうこの台でパチンコができるので嬉しくなり、

早速、爺さんの台でパチンコを始めました。

さぁ〜、千円で何回転回るのか?

千円を入れて回転数を数えて見ると、


なんと千円で45回転。なんじゃ〜この台。メチャメチャ回るぞ〜。

その後も大体千円で平均45回転回る〜。

こんな台毎日打っていてなんで店は釘を閉めないのかな〜?

その時は単純に不思議に思っていました。


みなさんも不思議に思うでしょう?

この台が何で千円で45回転も回る台でそのまま据え置きに

されていて、毎日同じ人間が打っているのか?


その時は知らなかったのですが、後で分かったことですが

店の店長がこの事に関わっていたらしい・・・。

この時にこの不気味な台に警戒心を抱いていたら

この後のトラブルは起きなかったのですが・・・。


欲に目が眩んでいた私にはそんな警戒心などは

全く無く、千円で45回転もするお宝台を打てるのが

嬉しくてご機嫌で爺さんの台でパチンコをしていました。

その日は結局爺さんは店に現れずに、私は閉店まで

その台で粘りました。千円で45回転もする現金機を閉店まで

打てたおかげで、かなりの金額の勝ちになりました。

この台でしっかり勝てたことで、またこの台を

打ちたくなってきました。

この事がガラの悪い爺さんとの

因縁が生まれるきっかけとなりました。


            家族の借金身内の借金ホーム